オーディション、事務所所属面接。。(この記事は3月25日に書いたもの)
1月から3月中旬までの

事務所所属面接又はオーディション状況

について書きます。


KIMG0118.jpg



まず片っ端からここだと思う、大手事務所に自分のプロフィールを送っていく。

15社くらいだったか。

結果相手にしてもらえない。

直接事務所に訪れるも、映像資料がないために関心を引けない。

ある事務所はレッスンを受けながらそこで、

事務所のマネージャーに気に入られれば

所属できるものもあったり、

また面接自体が

レッスンを受けさせるために仕組まれた面接で

5時間くらい拘束させられるところもあった。

最後の方はもう笑えてきた。


レッスン生でお金を儲けする匂いがプンプンして、本当に才能とか技術を見る姿勢
が感じられない。(僕がいうのもあれだけど)






自分としてはただ闇雲にレッスンを受ける時代は終わっているし、

どういう教育をするのかわからない先生の下で時間とお金と

浪費するのも無益。。。

と思っているので全てレッスンが関わるところは

辞退している。


(最初からレッスンありとオーディション募集要項に書いて欲しいと思うし
初めからあり得ない特待生という言葉で釣るのはずるいと思う)




少し方向性を変えて

小さい事務所や自主制作の映画に出て、自分映像資料作り
に少し時間を費やすことにした。

あるところでは、

今回の企画で使わず次の新たな企画で

僕をイメージした僕主演の映画を作りたいと

言われたり、

また他のところでは、本読みをしたら

(カフェでその面接は行われた)

絶賛され、この役にぴったりと言われた。

(規模が少し小さくなれば前に進んで行けそうな気がしてきた)


だけどまだ、どれもちゃんと決まっておらず、

返事待ちの状態だ。

早く動き出したい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 片岸佑太の一流への道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.