スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NYと東京の違い

まず始まりを日本に帰国して東京に戻ってきたところまで時計の針を戻します。
2016年、年の瀬迫る12月。

生まれ育った環境と違う場所で5年過ご

して戻ってくることは面白い感覚です。


微妙に変わってしまったけど面影のある懐かしい風景、聞こえてくる音の様々、日本に住んでる人の佇まい、匂い、空気の肌触り。

そう、そう、こうだった、こうだった、

と一人でしてしまうと不気味なニヤケが思わず
出てくる。


僕がカルチャーショックを受けたのも面白いことでした。


まず電車の中がものすごいすごい静か。シーンとなっていることに違和感がものすごくありました。

nyのサブウェイの中で人はフツーに喋るし、

クソ下手くそな踊りをクソ馬鹿でかい音楽で披露してくるばぁーさんが現れるし、

粋なサックスバトルが突然始まるなど賑やかだったから、

(ホームにで何か演奏している人達は結構います)

IMG_0179.jpg


僕の感覚は住めば都になってしまい、今は少し日本の電車の中に物足りなさを感じてしまう
くらいです。

もう一つはタバコ。これは本当にこの5年で変わったと思いました。
まず歩きタバコの数がものすごく減って、外でタバコ吸う喫煙者は豚小屋みたいなケージの中でしか吸えない環境です。千代田区は本当に吸えない。。。。ん? そうですよ、僕も喫煙者です。
けれど居酒屋だったり、たまに屋内で吸えるところがあるのも奇妙に思えてきます。


日本に帰ってきて「やっぱ日本はいい!!」

と思うのは、

日本酒が安くてうまいこと、


電車の座席がフワフワ(特に京浜東北線)

nyのsubwayの座席は固い( ノД`)

電車


トイレが手軽に借りれること、

冬が暖かい


(nyの冬の寒さは肌をさらけ出すと痛い)



ny冬


安くてうまいB級グルメが豊富なこと。

などなどたくさんあります。

また日本の雑貨のオリジナリティーというか、バラエティーに富むことの凄さが目につきます。こんなにクオリティーも良く、また独特で品質のいいものがこの値段で?というのが吉祥寺のアトレの中で思ったことです。

ほかにもたくさんあるので、またいくつかピックアップしていこうと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2017 片岸佑太の一流への道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。